昭和大学江東豊洲病院外科系診療センター泌尿器科

主な泌尿器疾患について

膀胱腫瘍

膀胱がん

膀胱がんは比較的よくみられる泌尿器科領域のがんです。 多く(約80%)のものは、膀胱粘膜表面に発生し、イソギンチャクのような形態をしています。


症状

多くは血尿で発見されます。通常、排尿時痛などの痛みや、排尿困難などの症状はありません。 健康診断や他科受診中に超音波検査などで偶然見つかることもあります。 進行すると血塊が詰まり排尿ができなくなったり、貧血になったりすることもあります。


診断

まず尿検査を行い血尿の有無を確認します。その後、尿細胞診、膀胱鏡を行います。
膀胱鏡で膀胱腫瘍が発見されると、その腫瘍の膀胱壁への深さを調べるためにMRIを行います。また必要に応じてCTなどで転移の有無を確認します。
膀胱鏡検査は経尿道的に行う検査ですが、当院では男性には軟性膀胱鏡を使用しています。これまでの金属製の膀胱鏡より検査にともなう痛みが格段に少なくなります。尿道にゼリー状の麻酔薬を注入し、外来検査として即日行うことができます


(左)硬性膀胱鏡と(右)軟性膀胱鏡です

治療

膀胱鏡で膀胱腫瘍が確認されると、その腫瘍が悪性(がん)かどうか、また同時に腫瘍を可能な限り削りとってしまう目的で経尿道的膀胱腫瘍切除術を行います。
腰椎麻酔または全身麻酔で尿道から内視鏡を挿入して、電気メスで腫瘍を切除します。所要時間は腫瘍の大きさ、場所、個数などにより15~60分程度です。


切除した腫瘍は病理学的検査を行い、がんがどうか、またがんの場合にはその性質などを評価します。

この検査は病理医によって行われ、結果判明に約2週間かかります。よって、退院後に外来で結果をお話しすることになります。


単発で浅い顔つきが悪くないがんの場合、このTUR-BTのみで治療は終了し、その後は数カ月に1度腫瘍再発のチェックを外来で行うことになります。しかし腫瘍が複数であった場合など、再発予防に膀胱内注入療法という外来治療をすることもあります。

膀胱内注入療法には、BCGや抗がん剤が使用されます。 膀胱内に一定時間薬液を注入することで膀胱壁に浸透させ、効果を発揮します。

一方で、深さの深い多発した膀胱がんは 内視鏡治療で根治できない場合があります。 このようながんには、開腹手術による膀胱全摘除術を行います。

膀胱を全て手術的に除去するので、 腎臓からの尿をためる臓器がなくなります。そのため、腸管を使用して膀胱を代わりをつくるなどの尿路再建術が同時に必要になりますので長時間の手術になります。