昭和大学江東豊洲病院外科系診療センター泌尿器科

主な泌尿器疾患について

女性の尿失禁

当科では女性の腹圧性尿失禁に対してクスリの内服による治療の他に、TOT、TVTとよばれるテープを使用した手術療法を行っています。

失禁とは?

尿失禁とは、思いがけず尿が漏れてしまうことを指します。その病態の違いから
①腹圧性尿失禁(お腹に力がかかると漏れる)と、
②切迫性尿失禁(トイレに間に合わず漏れる)に分けられます。

①腹圧性尿失禁は、運動や立ち上がり動作、咳、くしゃみの際に尿道の閉まる力が膀胱の圧力より低いことで生じ、出産による骨盤の筋肉の緩みや肥満などが原因に挙げられます。他にも、放射線照射や慢性膀胱炎による膀胱壁の線維化が原因となることもあります。

②切迫性尿失禁は急な尿意に対して我慢できずに尿が漏れることで、不随意に膀胱が収縮することによって起こります。神経の活動亢進が原因で、神経疾患以外にも、膀胱結石や膀胱腫瘍などでも起こることがあります。

診断は下記のような質問票を用いています

女性の尿失禁

診断

パッドテストという、パッドに漏れた尿の重量を測定していただき重症度を判断します。また、既往歴に尿失禁を引き起こす原因がないかお聞きします。必要に応じてチェーンCUGと呼ばれる造影剤と細いチェーンを用いたレントゲン検査を行い、尿道と膀胱の解剖学的関係を観察します。この検査は10分程度です。

結石の部位と手術方法

治療

1. 腹圧性尿失禁
治療薬として保険適応があるのはスピロペントという薬のみです。軽症~中等症のかたにはこの内服と骨盤底筋体操、生活指導で改善があるかみます。 中等度~重症のかたには、TOT手術・TVT手術という、会陰部から行うプロリン製テープを用いて尿道中部を支える手術を行います。重症度によって治療法を分けていますが、安全性の面から当院では現在はTOT手術を主に行っています。

TOT、TUT手術に用いるテープです。

2. 切迫性尿失禁
 切迫性尿失禁は薬物治療が中心になります。抗コリン薬とβ3刺激薬も使用することが多く、過活動膀胱の治療薬として保険適応が承認されています。緑内障の有無や、口渇、便秘、尿閉などの副作用に注意しながら使い分けることになります。

薬剤無効の重症例に関しては、小皺の整形手術などで用いられているボトックス(ボツリヌス毒素)の膀胱壁内注入も海外で行われています。
本邦では保険承認されていませんが、現在臨床治験中で当院でも行っています。
膀胱鏡下に膀胱の後壁中心に約20か所、ボトックスを壁内注射するもので、外来治療として20分ほどで終了します。
副作用に、血尿、感染、尿閉などがあります。

※ボトックスの臨床治験について[PDF]