昭和大学江東豊洲病院外科系診療センター泌尿器科

PSA(前立腺特異抗原)とは?

PSA(前立腺特異抗原)

PSA=前立腺特異抗原の英語の頭文字

Prostate Specific Antigen
(前立腺)(特異)(抗原)

前立腺で作られるタンパク質

PSA(前立腺特異抗原)

PSAの正常値は?

PSAの基準値は4ng/mL以下


PSAは、採血で測定できる前立腺がんの腫瘍マーカーです。
ただし、PSAは 『数値が高くなるほど、前立腺がんの確率が高くなる』 と言うだけであり、必ずしも 『4ng/mLを超えたらすべての男性が前立腺がん』 というわけではありません。

一般的なPSA値と、組織検査で前立腺がんが見つかる確率は、施設により若干異なりますが、おおよそ以下のグラフのようになります。

PSAの正常値は?

特にPSA値が4~10ng/mLの時は 『グレーゾーン』 と呼ばれ、異常値ではあるものの実際に前立腺がんである可能性は3~4人に1人程度であり、組織検査(前立腺生検)を実施するにあたっては十分な検討が必要とされています。

またPSA値は加齢とともに上昇する傾向があります。このため、基準値を一律に4ng/mLと決めるのではなく、年齢によってPSAの基準値を定める、『年齢階層別PSA』という考え方があります。

50~64歳:3.0ng/mL以下
65~69歳:3.5ng/mL以下
70歳以上:4.0ng/mL以下

泌尿器科医は、必ずしも4.0ng/mLという数字だけではなく、年齢・前立腺の体積や、PSAの上昇速度などを考慮しながら組織検査の必要性を検討します。


PSAが正常だったら、次はいつ測定すればいいのか?

PSAを測定して、正常値であった場合に次回の測定はいつにしたら良いかは議論のあるところです。

現在、日本泌尿器科学会では下表のフローチャートに示す推奨をしています。

基本的には1ng/mL以下であれば3年に1回、1ng/mLを超えていれば、毎年の測定が推奨されています。

現在はがんがない、またはがんがすでに存在しているが非常に小さい癌の場合にも、年々大きくなればPSAの値が高くなると考えられています。

50歳以上の男性は、正常値であっても定期的にPSAを測定することをお勧めします。

前立腺がん検診(PSA検査)の流れ

PSAが高かった場合どうするか? ⇒ 前立腺生検

PSA値が高かった場合には、組織検査によるがんがあるかないかの確認が必要になります。

この前立腺から組織を取る検査を『前立腺生検』と呼びます。

前立腺から組織を採取し、がん細胞の有無やその悪性度など調べます。

検査は局所麻酔で行うことができますが、当院では局所麻酔以外にも、仙骨麻酔・腰椎麻酔を患者さんの要望や状態に合わせて使い分けています。

麻酔をするため痛みは軽度です。検査時間は15~30分程度で、合併症として血尿、血便、精液に血液が混じるなどの症状がよく見られますが、通常は一時的なもので心配ありません。

最も問題になる合併症に、細菌感染による発熱があります。頻度は少なく、1~2%の確率と報告されていますが、時に感染が重症化して敗血症になる場合もあるため、通常は1泊入院での検査としています。

前立腺生検

実際の前立腺生検の様子です

実際の前立腺生検の様子
直腸から挿入する超音波プローベです。長さは短く、大腸の内視鏡検査のように奥深くまで挿入するわけではありません。
実際の前立腺生検の様子
肛門からプローベを挿入して前立腺を観察します。通常は側臥位(横向きの体勢)で行っています。
実際の前立腺生検の様子
当院では通常12か所の組織を採取しています。所要時間は15-30分程度です。
実際の前立腺生検の様子
超音波画像を見ながら、前立腺に針を刺して組織を採取します。針が刺さるのは一瞬です。

検査結果の判明には通常2週間程度かかりますので、退院後の最初の外来受診時に担当医から結果の説明があります。

前立腺がんと診断がついた場合には、画像診断などの検査の追加や、治療に関する説明がありますので主治医とよく相談して下さい。