昭和大学江東豊洲病院外科系診療センター泌尿器科

学生・研修医の方へ

医局長から

医学生、研修医の皆さん、昭和大学江東豊洲病院泌尿器科のホームページへようこそ。

すでに皆さんは泌尿器科に対する様々なイメージをお持ちだと思いますが、泌尿器科といえば性病を始めとする尿路性器感染症を専門に扱う診療科と誤解される時代もありました。しかし現在、泌尿器科は副腎、腎、尿管、膀胱、前立腺・精囊、尿道、精巣、男性外性器などを対象とする外科系診療科の一つとして確立しています。

泌尿器癌のうち前立腺癌は現在日本でも罹患数が急増しており、近年胃癌を抜いて男性癌の1位になることが確実視されております。泌尿器科のニーズも次第に高まり、欧米と同じように泌尿器科はメジャー外科の認識が高くなってきております。

泌尿器科の診療領域は多岐にわたりますが、一つの臓器を内科的・外科的両面から診ることができることが泌尿器科の特徴で、これらの臓器に関わる疾患の予防、検査、診断、治療まで網羅した一連の診療を単科で行うことができる事が大きな魅力と言えます。手術に関しては開腹手術や腹腔鏡手術、内視鏡手術など多岐にわたり、小児の手術などの細かい手術も行っております。癌の治療に関しては手術のほかに放射線治療や抗癌剤治療、免疫療法、分子標的薬なども行う科であります。癌だけでなく前立腺肥大症や尿管結石、女性に多い尿失禁、過活動膀胱、臓器脱も泌尿器科の領域になります。女性患者も年々増加しております。

昭和大学江東豊洲病院泌尿器科ではこれらの泌尿器科で取り扱っている保険医療のほとんどを行うことができます。

超高齢化社会を迎え、泌尿器疾患を患う患者も増加傾向にあり泌尿器科医のニーズはますます高まっています。また女性患者の増加に伴い女性泌尿器科医も年々増えております。泌尿器科に興味をお持ちの皆さん、男女を問わず是非、われわれと共にがんばりましょう!


昭和大学江東豊洲病院 外科系診療センター泌尿器科

医局長・講師:五十嵐 敦

入局・見学希望などの
お問合せ先

五十嵐 敦